インターネットリサーチ会社比較 > 調査手法別検索 > ブランド認知度調査とは?やり方やメリット・デメリットを解説

メリット・デメリット・対応可能な会社一覧

ブランド認知度調査 とは?

約30社から厳選・問い合わせしたその日にご連絡!

モノであふれている現在、自社の製品を選んでもらうには機能や品質などに加えストーリーやイメージなどブランドの力が大きく関わっています。マーケティング活動を行うにあたって、商品やサービス、企業のブランドがどれくらい世間に認知されているかを調査することは非常に重要です。

そんなブランドについて、市場や世間一般ではどのくらい認知されているのかを調査するのが、ブランド認知度調査です。

今回は「ブランド認知度調査の特徴」、「ブランド認知度調査の事例と料金」、「ブランド認知度調査のメリット・デメリット」などについて、解説します。

 

ブランド認知度調査の特徴


そもそもブランド認知度とは何でしょう?
ブランドについての指標として、ブランドイメージやブランド力など様々ありますが、ここで調査するブランド認知度とは

・世間でどのくらいブランドが知られているか
・市場においてブランドはどの程度浸透しているか

といったブランドの認識の規模を指しています。

ブランドイメージ調査と混同されやすいですが、こちらは「スタイリッシュ」や「高級感がある」のようなブランドから想起される印象を問うものなので区別しましょう。

ブランド認知度調査のやり方

ブランド認知度調査は「どのくらい」認知されているかをリサーチするので「定量調査」を行うことがほとんどです。ブランド認知度調査に用いられる調査手法をいくつかご紹介します。

ネットリサーチ

ネットリサーチはブランド認知度調査で最も主流な調査手法です。幅広い人に一斉に調査を行うことができるため世間一般に対して「認知度」を調査するにあたって偏りのない結果を得られる可能性が高いです。
しかし、ブランドや商材によってはオンラインでの調査が向かない場合があります。例えば、高齢者向けの健康食品や一部の狭い地域における調査を行う場合には、ネットリサーチでは適切な結果を得られないこともあるので注意しましょう。

郵送調査

郵送調査は年齢などに左右されず、モニターを集めることができるため、ネットリサーチでは接触しにくい層も含めて調査を行うことができます。
しかし、若年層の回答率が低い傾向にあることやコスト面・スピード面ではネットリサーチに劣ることなどを念頭に置くことが必要です。

街頭調査

街頭調査は、狭い地域におけるブランド認知度調査を行う場合に有効です。
例えば、地域の名産品が地元でも受け入れられているかのように狭いエリアで調査を行う場合には、ネットリサーチや郵送調査を行うよりも効率が良いでしょう。

ブランド認知度調査の事例と料金

ブランド認知度調査の事例と料金感をいくつかご紹介させていただきます。

case1:自社製品の市場での立ち位置を調査したい

業界:IT
調査内容:ゲームの開発を行っており、広告戦略を練るためにまずはターゲット層にどれくらいの認知度があるか調査したい。
調査手法:ネットアンケート
サンプル/設問数:1000名/10問
費用:¥100,000~
※価格は変動します。

なるべく多くの人に調査を行いたいとの要望だったので、ネットアンケートを行いました。安価でスピーディーに調査を行えるため、大規模調査にも向いています。

case2:新規ブランドの認知度を調査したい
業界:食品メーカー
調査内容:新規ブランドの商品の売り上げが伸び悩んでおり、マーケティング戦略を再考するために認知度を調査したい。
調査手法:郵送調査
サンプル/設問数:200名/10問
費用:¥400,000~
※価格は変動します。

高齢者を含めて調査を行いたいとのことだったので郵送調査を行いました。いくら良い商品でも世間で認知されていなければ、売り上げを伸ばすことができません。ブランド認知度調査を行うことは、マーケティング活動の第一歩となるでしょう。

ブランド認知度調査のメリット

ブランド認知度調査のメリットは以下の2つが挙げられます。

①市場での立ち位置を確認できる。
ブランドの認知度を知ることで、市場における占有率を把握することができます。現状を把握することは、シェアを拡大への戦略を練ることにつながるでしょう。

②マーケティング活動の改善点を確認することができる。
商品の売り上げが伸び悩んでいる場合、どのフェーズが上手くいっていないのかを知ることは次の戦略を立てるのに非常有効です。その中でも購買行動の第一歩である「認知」について調査することは、大幅に改善することにつながるかもしれません。

ブランド認知度調査のデメリット

また、ブランド認知度調査のデメリットは以下の2つが挙げられます。

①調査手法や調査対象によって結果が左右される。
どの調査を行う場合でも選択した調査手法、対象者によって得られる結果は変化しますが、特にブランド認知度調査はその影響を受けやすいと言えます。正しい結果を得られるよう、より慎重に調査の設計を行いましょう。

②調査の結果が世間全体の意見とは限らない。
どんなに調査設計を丁寧に行っても、その結果が消費者全員の意見とぴったり合致するわけではありません。それを踏まえたうえで、より世の中での認知度をマッチさせられるよう、調査手法やモニターの選定を行いましょう。

まとめ:ブランド認知度調査を行ってマーケティングに活用しよう

今回解説したように、ブランド認知度調査ではマーケティング活動で大きな役割を果たすでしょう。
正しい結果を得るためにも調査の設計から丁寧に行う必要があり、リサーチのプロである調査会社にサポートしてもらうことは非常に有効です。

ネットリサーチ比較サポーターでは、ブランド認知度調査に対応している多数の調査会社と提携しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

用語集一覧へ戻る

「どの企業に問い合わせをしたら良いか、わからない」という方へ

目的・ニーズに合致したネットリサーチ会社を、専門データベースをもとにご紹介いたします。

専門担当に相談する

【お電話でのご相談】 03-5459-6616 (受付時間10:00~19:00)

依頼することでプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。