インターネットリサーチ会社比較 > 調査目的別検索 > 商品・製品の認知度を知りたい

メリット・デメリット・対応可能な会社一覧

商品・製品の認知度を知りたい

約30社から厳選・問い合わせしたその日にご連絡!

認知度調査の調査方法

認知度調査は、自社の製品やサービスが市場でどのくらい浸透しているかを調査することで、市場内での立ち位置を確認し現場から課題を把握することができます。また、商品やサービスだけでなく、企業の認知度調査を行うことで、ブランドイメージや競合他社との差別化に向けた戦略を考えることができます。

認知度調査は世間の中での自社商品の位置づけや消費者からの評価の傾向を調べることから、定性調査を実施する場合が多いです。ここでは認知度調査で活用される3つの調査手法についてご紹介します。

Webアンケート、ネットリサーチ

ネットリサーチとはインターネットを用いて調査をとる方法です。スマートフォンやP C、タブレットから手軽にアンケートに回答することができることから、モニター数が多く大規模なアンケート調査や出現率の低いモニターを集めることも可能です。また調査の実施やデータの整理に工数がかからないことから安価でスピーディーな調査を行うことができます。

街頭調査

街頭調査は街中などでアンケートの協力を呼びかけ調査をする方法です。webアンケートやネットリサーチと比べると、費用や時間はかかってしまいますがピンポイントの地域で生の声を集めることができるので、全国展開していない商品についての認知度調査やローカルな経営を行っている場合の調査に有効といえるでしょう。

郵送調査

郵送調査はモニターの住所にアンケートを送り記入してもらったものを返送してもらう調査方法です。インターネット調査とは異なり、世代に関わらず調査を実施できるという特徴があります。しかし最近では高齢者の回答率が高く、若年層の回答率は低いという傾向もあるので目的に合わせて上手く活用しましょう。郵送調査のメリットは、住所をもとにアンケートを郵送するためモニターの身元が明らかであるため信ぴょう性の高いデータを収集できる点です。

認知度調査のメリット・デメリット

メリット

認知度調査のメリットは市場での自社製品の立ち位置や消費者にどのくらい浸透しているのかが把握できる点です。社内で考えている製品の評価と実際の世間の評価は乖離していることも考えられます。認知度調査を行うことで、消費者のリアルな評価を知ることができ販売戦略や商品改良など今後のマーケティングをスムーズに行うことが可能となるでしょう。

デメリット

認知度調査のデメリットは全ての人に調査を行えるわけではないので必ずしも世間の評価と一致しているとは限らないという点です。また調査対象者によって結果が異なる場合もあるので、調査設計の時点で目的をはっきりさせたうえで実施することが重要といえます。

商品・製品の認知度調査の事例と料金

case1:保険会社

調査内容:30代~60代の男女に対して、生命保険及び、自社で提供をしているWEBサービスについて、
認知度の調査を行いたい。
調査手法:ネットリサーチ(リサーチャーサポート型)
サンプル/設問数:250名/20問
費用:¥200,000 ※価格は変動します。

幅広く調査を行いたいとのことだったのでネットリサーチを実施しました。
ネットリサーチを行うのは初めてでしたが、リサーチャーサポート型で行うことでスムーズに調査を行うことができました。

case2:地方自治体

調査内容:20代~70代の男女に対して、地方都市の特産品について認知度調査を実施したい。
調査手法:郵送調査
サンプル数:200名
費用:¥400,000 ※価格は変動します。

調査対象が70代までと年配の方も含んでいたため、郵送調査を実施しました。ネットリサーチに比べてスピードやコストは劣ってしまいますが、回答の重複や無責任な回答を防げるといった点で、信頼性の高い調査を実施できるといえます。

商品・製品の認知度調査ができるリサーチ会社一覧

株式会社マクロミル
株式会社マクロミル【ネットリサーチ国内実績No.1】グローバル・デジタル・先進リサーチを提供
高品質なパネルネットワークで、複雑化・多様化するマーケティング課題を解決するあらゆるマーケティングリサーチを提供。
実績・価格・納品スピードなど比較して納得する調査品質に定評がある企業です。
株式会社ジャストシステム
株式会社ジャストシステム~すべてのビジネスに裏付けを~クラウド化でスピードと低価格(従来の約1/3)を実現したセルフ型リサーチ「Fastask」
株式会社クロス・マーケティング
株式会社クロス・マーケティング全ての調査をワンストップで提供する『クロス・マーケティング』定量調査も定性調査もオンラインもオフラインも!!
超低価格アンケートならばQiQUMOもおすすめ
株式会社プラスアルファ・コンサルティング
株式会社プラスアルファ・コンサルティング調査を通して、消費者、お客様の声を聞く
定量・定性分析を可能にしたリサーチサービス「Kiccoe Survey」を提供
株式会社ネオマーケティング
株式会社ネオマーケティングリサーチの全工程に専門家が介在し、オリジナルメイドのリサーチを提供。
株式会社ドゥ・ハウス
株式会社ドゥ・ハウスドゥ・ハウスのリサーチは、定性データ、定性情報を正しく活用したサービスが主力です。
リアルな事実データで、マーケターの「仮説」づくりや検証をサポートします。
株式会社リサーチ・アンド・イノベーション
株式会社リサーチ・アンド・イノベーション消費者購買データアプリ「CODE」や指標数値化サービス「My comment(マイコメント)など、これまでにない独自の調査手法に対応。
クリエイティブサーベイ株式会社
クリエイティブサーベイ株式会社世界60ヶ国2,000万人のパネル群へ向けてグローバルネットリサーチ
企画・設計からレポート作成までのトータルサポート
トビー・テクノロジー株式会社
トビー・テクノロジー株式会社トビー・テクノロジーはアイトラッキング(視線計測/眼球運動)技術の世界最大手。
学術分野では、発達、教育、言語等の各種心理学、医学、工学部といった幅広い分野で評価を頂き、また、商品パッケージや広告、ユーザビリティなどマーケティング調査、技能継承等でトビーのアイトラッカーが活用されています。
ホワットエバーパートナーズ株式会社
ホワットエバーパートナーズ株式会社「100人アンケート」は中小企業のビジネスの中で、営業活動やサービス企画の判断の裏付けにアンケート調査を活用していただくための、安価でスピード感のあるネットリサーチサービスです。
株式会社 ロイヤリティ マーケティング
株式会社 ロイヤリティ マーケティングPontaリサーチは生活者の行動・趣向を把握し課題を解決します。
株式会社インテージ
株式会社インテージインテージは、国内No.1のマーケティングリサーチ会社です。
ネットリサーチやオフラインリサーチ、海外市場調査、購買データや小売店データを使った
リサーチに加え、デジタルマーケティングやビッグデータ活用促進など、幅広い手法に対応可能です。
業界に精通したリサーチャーが、お客様の課題解決に最適な調査設計と分析結果をご提供いたします。
日本インフォメーション株式会社
日本インフォメーション株式会社日本インフォメーション(NI)は、1969年設立のインターネットリサーチを含めた幅広い手法に対応する総合リサーチ会社です。自社で100万人強のアンケートモニターや多数のアンケート会場(CLTルーム3室、FGIルーム3室)を保有しています。

経験豊富なリサーチャーによる普遍的なリサーチのノウハウと、最新のIT技術を掛け合わせた、スピーディかつ付加価値の高いリサーチをご提供します。中堅リサーチ会社だからできる、お客様に寄り添った質の高いサービスのご提供を心掛けています。

株式会社アスマークお客様と常に向き合い、価値あるデータを創出します
株式会社 TesTee・専門のスマホアプリで圧倒的なスピード感で調査実施が可能。

・一般的に回収が難しい10代・20代も含めた幅広い年代(10代~50代)のパネル回収が可能。

CintJapan株式会社CintJapanは1,000社以上の異なるアンケート会員をプラットフォーム上に連携し、100カ国延べ1億人以上の消費者へアンケートをアクセスすることを可能にしたテクノロジーソリューションを保有してます。
株式会社日本マーケティングリサーチ機構日本マーケティングリサーチ機構はビジネスを成功へと導くマーケティングリサーチのエキスパートです。

「どの企業に問い合わせをしたら良いか、わからない」という方へ

目的・ニーズに合致したネットリサーチ会社を、専門データベースをもとにご紹介いたします。

専門担当に相談する

【お電話でのご相談】 03-5459-6616 (受付時間10:00~19:00)


調査目的別検索一覧へ戻る

依頼することでプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。