インターネットリサーチ会社比較 > 調査目的別検索 > 海外リサーチ・海外市場調査を行いたい

メリット・デメリット・対応可能な会社一覧

海外リサーチ・海外市場調査を行いたい

約30社から厳選・問い合わせしたその日にご連絡!

海外調査とは

海外調査とは、海外で行う調査のことで、昨今の海外進出を考える企業や、ツーリズムに関わる飲食/サービス/商材を扱う企業などに注目されている調査です。海外における市場調査や海外支社のES調査(従業員満足度調査)など目的や手法は様々です。

  • ●外国人向けのアンケート調査
  • ●海外の市場規模の調査
  • ●海外での競合企業、競合商品の調査
  • ●海外での認知度調査
  • ●海外での自社製品、ブランドのポジション調査

国内での調査に比べ、海外モニター集めなどハードルが高いと思われがちですが、海外調査経験や海外モニター保有数豊富な調査会社が多く存在します。

海外調査の手法

海外調査は調べたい現地の消費者のニーズや適正価格、マーケット規模を把握することができ、定量調査と定性調査どちらも実施することができます。また、調べたい国や地域によっては、オフラインタイプの電話調査や対面式調査が主流となっている場合もあります。海外調査で活用される5つの調査方法についてご紹介します。

webアンケート・ネットリサーチ

ネットリサーチとはインターネットを用いて調査を実施する調査方法です。海外事業を展開するとき、その国の市場や需要を前もって調査することは不可欠です。ネットリサーチでは、スマートフォンやPC、タブレットから手軽にアンケートへ回答することができるため、モニター数が多い大規模なアンケート調査や、出現率の低い特殊モニターを集めることも可能となります。また調査の実施やデータの整理に工数がかからないことから、比較的低い価格帯でスピーディーな調査を行うことができます。

街頭調査

街頭調査は街中でアンケートの協力を呼びかけ調査をする方法です。海外調査の場合ですと、現地のスーパーマーケットやコンビニなどで実際にアンケートを実施します。Webアンケートやネットリサーチと比べると、費用や時間はかかってしまいます。ただ調査したい国の中でもピンポイントに生の声を集めることができるため、海外進出を考える際の市場調査や、意識調査に有効な情報を入手できる調査方法となっております。

グループインタビュー

グループインタビューは現地で何名かの調査対象者を集め、司会者が調査テーマについて質問を行い、発言してもらうことで様々な意見や情報を収集する調査方法です。グループ形式で行われるため、参加者同士の相互作用が発生するのが特徴です。グループ内で意見の共有が生まれ、その共有意見を基に別の意見を出しやすくなり、多数のモニターが共感できる意見や情報を発見することが可能となります。しかし、他者の反応が気になることで自由に発言ができない場合もあるため、一人一人の価値観を深堀するのが難しいケースもあります。ディスカッション形式や、他者の意見を踏まえながらの回答を求める場合などに有効な手法です。海外によってディスカッションに対する意識も大きく異なるため、回収できる内容も国内外で変わります。

電話調査

電話調査とは、電話を用いてモニターにアンケート調査を行う方法です。意見や感想など、生の声を聞くことが可能です。政府や自治体が世論の動向調査に用いる場合もありますが、民間企業の間でも市場調査をする際にも利用されている手法です。電話がつながればその場で回答を得ることができるため、短時間でスピーディーに調査を終えることができます。また、近年の電話料金の値下げによって費用を抑えて実施すること
も可能となってきています。

デスクリサーチ・デスク調査

デスクリサーチとは、アンケートやインタビュー等の実際の調査を行うのではなくインターネットや書類などで文献や過去の調査結果をリサーチする手法です。デスクリサーチという名前ですが、実際には図書館に行って調査を行うこともあり足を運んでリサーチをする場合もあります。
デスクリサーチでは、競合調査や海外市場調査を行うことができます。海外に事業を展開していく場合、その国での自社製品のニーズや競合企業を把握することは不可欠です。しかし実際に海外に赴いて調査をしに行くことはコストも時間もかかってしまいます。デスクリサーチを活用することで、日本にいながらも海外市場や競合について把握することが可能です。

海外調査のポイント

海外調査を行うにあたって注意すべきポイントがいくつかあります。ここでは特に重要な3つについてご紹介します。

費用

海外調査は日本国内での調査よりも費用相場は高くなっています。その理由は以下の通りです。
・リサーチャーの移動費がかかる。
・翻訳・通訳の工程がある。
・モニターの収集に手間がかかる

調査会社によっては海外の調査会社と提携していたり、現地に拠点を持っていたりすることもあります。その場合、海外調査に経験や実績があることに加え、費用を抑えられることもあります。

言語

海外調査を行うにあたって最も懸念される事項の一つが言語です。インタビュー調査において言語の壁が生じることはもちろん、アンケート調査を行うにしてもただ翻訳しただけではニュアンスが通じない場合もあります。現地の言語について詳しいスタッフを保有する調査会社を利用することで、正しいデータを収集することができるでしょう。

文化の違い

日本では当たり前なことが海外でも当たり前とは限りません。例えば日本では多く人がネットを利用しているため、大勢にアンケートを取るにはネットアンケートを取ることが有効です。しかし、海外ではネット利用率に地域差や年齢差があり、偏った結果になってしまうこともあります。現地に詳しい調査会社を利用することで目的に合ったリサーチを行うことができます。

海外調査のメリット・デメリット

メリット

海外調査のメリットは、調べたい国々の市場において消費者の商品やサービスに対する反応や意見を把握することができる点です。海外進出などを視野に入れる際に、突然海外市場に乗り込んでしまうと、思っていたより需要が少なかったりカルチャーギャップにより製品が受け入れられなかったり期待していた成果が出ない場合があります。そのような事態を避けるためにも海外調査は様々な企業に広く使われています。また競合他社がどのような展開や戦略を広げているのかを調査することもできるため、他社との比較や策略を練る際の指標としても利用されています。

デメリット

海外調査のデメリットは、必ずしも調査したい国や地域が対応しているとは限らない点です。そのため、調査会社を選ぶ際には対応エリアに注意することが重要となります。また、海外で行うため国内で行うものよりも価格帯が高く、調査期間も長期化する傾向にあります。海外調査にどのくらいの費用や期間を費やすのか、事前に精査した上で実施しましょう。

海外調査の事例と料金

case1:コンサルティング会社

調査内容:コロナウィルスの影響による訪日意識の調査がしたい
調査手法:ネットアンケート
調査エリア:フィンランド、デンマーク、スェーデン、ノルウェー、ブラジル、マカオ
サンプル数/設問数:各国1000名/25問
実施時期:来年夏
費用:80万円

case2:日系企業のタイ現地法人

調査内容:20代~60代の男女に海外両行保険に関する調査がしたい。
調査手法:ネットリサーチ
調査エリア:タイ、ベトナム
サンプル数/設問数:各国200名/15問
実施時期:翌月
費用:40万円

紹介可能なアンケート調査・WEB調査会社一覧

株式会社マクロミル
株式会社マクロミル
【ネットリサーチ国内実績No.1】グローバル・デジタル・先進リサーチを提供
高品質なパネルネットワークで、複雑化・多様化するマーケティング課題を解決するあらゆるマーケティングリサーチを提供。
実績・価格・納品スピードなど比較して納得する調査品質に定評がある企業です。
・海外調査の特徴
90カ国以上、9000万人以上の海外パネルを保有。特に中国、韓国には自社調査パネルを持ち、高品質の調査を行うことができる。
・対応海外エリア
<アジア>
中国・香港・台湾・韓国・シンガポール・タイ・マレーシア・インドネシア・日本・ベトナム・インドなど
<北米>
アメリカ・カナダ
<ヨーロッパ>
イギリス・フランス・ドイツ・オランダ・イタリア・スペイン スウェーデン・デンマーク・スイス・ロシアなど
<オセアニア>
オーストラリア・ニュージーランド
<中南米>
ブラジル・アルゼンチン・メキシコ・ペルー・チリなど
<中東>
サウジアラビア・アラブ首長国連邦・クウェート・カタール・エジプト
・その他対応可能調査
ネットリサーチ 、オフラインリサーチ、メディカルリサーチ、ニューロリサーチなど
株式会社クロス・マーケティング
株式会社クロス・マーケティング全ての調査をワンストップで提供する『クロス・マーケティング』定量調査も定性調査もオンラインもオフラインも!!
超低価格アンケートならばQiQUMOもおすすめ
・海外調査の特徴
先進国からBRICs、東南アジアまで85ヶ国以上で高品質な調査が可能。また20カ国以上を対象とした複数国に向けての海外調査にもワンストップで対応できる。
・対応海外エリア
<アジア>
中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピン、インド、パキスタン、カザフスタン、ミャンマーなど
<北米>
アメリカ合衆国、カナダ
<ヨーロッパ>
イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、アイルランド、オーストリア、ベルギー、オランダ、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェー、ハンガリー、スイス、チェコ、ギリシャ、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、ポーランド、ブルガリア、ルーマニア、エストニア、ラトビア、リトアニア、クロアチアなど
<オセアニア>
オーストラリア、ニュージーランドなど
<中東・アフリカ>
トルコ、サウジアラビア、UAE、クウェート、カタール、イエメン、オマーン、バーレーン、ヨルダン、エジプト、モロッコ、チュニジア、南アフリカ など
<南米>
メキシコ、エルサルバトル、コスタリカ、パナマ、ドミニカ、プエルトリコ、コロンビア、ベネズエラ、エクアドル、ブラジル、チリ、ペルー、アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ウルグアイなど
<中東・アフリカ>
トルコ、サウジアラビア、UAE、クウェート、カタール、イエメン、オマーン、バーレーン、ヨルダン、エジプト、モロッコ、チュニジア、南アフリカ など
・その他対応調査
ネットリサーチ(セルフ型・サポート型) 、会場調査、グループインタビュー、ミステリーショッパー、学術調査など
株式会社インテージ
株式会社インテージインテージは、国内No.1のマーケティングリサーチ会社です。ネットリサーチやオフラインリサーチ、海外市場調査、購買データや小売店データを使ったリサーチに加え、デジタルマーケティングやビッグデータ活用促進など、幅広い手法に対応可能です。業界に精通したリサーチャーが、お客様の課題解決に最適な調査設計と分析結果をご提供いたします。
・海外調査の特徴
10カ国・エリアに拠点を持ち40以上の国とリサーチパートナーを組んでおり、日本人駐在員やローカルスタッフを中心とした専門チームによって、年間400件以上の海外調査を行なっている。
・対応海外エリア
<海外拠点>
中国・タイ・ベトナム・インド・シンガポール・香港・インドネシア・アメリカその他ASEAN、欧米を中心に40カ国以上でのプロジェクト実績を持つ。
・その他対応調査
ネットリサーチ 、会場調査、グループインタビューなど
株式会社アスマークお客様と常に向き合い、価値あるデータを創出します
・海外調査の特徴
欧米からアジア・アフリカまでインバウンド・アウトバウンド調査を行うことができる。また、複数国同時の調査、海外での定性調査にも対応可能。
・対応海外エリア
<アジア>
中国、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピンなど
<北米>
アメリカ、カナダ
<ヨーロッパ>
イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ロシア、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、オーストリア、ベルギー、スイス、デンマーク、ギリシャ、アイルランド、オランダ、ポルトガル、チェコ、ポーランド、ハンガリー、トルコなど
<オセアニア>
オーストラリア、ニュージーランド
<南米>
ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、チリ、コロンビア、ペルーなど
<中東・アフリカ>
南アフリカ、UAE、エジプト、サウジアラビア、モロッコなど
・その他対応調査
インターネットリサーチ、会場調査、ホームユーステスト、グループインタビューなど
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社NTTコムオンラインは、確かなテクノロジーとデータ解析力を強みに企業と顧客の“絆(エンゲージメント)”を創出し顧客ロイヤルティや売上向上につながるマーケティング・ソリューションを提供します。
・海外調査の特徴
NTTコムのパネルリサーチでは、86カ国で調査可能。SNS分析などを用いた調査等、訪日外国人調査に強みを持つ。
・対応海外エリア(提携しているNTTリサーチの対応エリア)
<アジア>
インド、インドネシア、パキスタン、バングラディシュ、韓国、フィリピン、シンガポール、ベトナム、タイ、香港、台湾、マレーシア、中国
<北米>
アメリカ、カナダ
<ヨーロッパ>
アイスランド、キプロス、チェコ、ベルギー、アイルランド、ギリシャ、デンマーク、ポーランド、イギリス、クロアチア、ドイツ、ポルトガル、イタリア、スイス、ノルウェー、マルタ、ウクライナ、スウェーデン、ハンガリー、ラトビア、エストニア、スペイン、フィンランド、リトアニア、オーストリア、スロバキア、フランス、ルーマニア、オランダ、スロベニア、ブルガリア、ルクセンブルク、カザフスタン、セルビア、ベラルーシ、ロシア
<オセアニア>
オーストラリア、ニュージーランド
<中南米>
ドミニカ、アルゼンチン、パナマ、エクアドル、プエルトリコ、エルサルバドル、ブラジル、カナダ、ベネズエラ、グアテマラ、ペルー、コスタリカ、ペルー、コスタリカ、ボリビア、コロンビア、メキシコ、チリ
<中東>
アラブ首長国連邦、サウジアラビア、イスラエル、トルコ、オマーン、バーレーン、カタール、レバノン、クウェート、ヨルダン
<アフリカ>
アルジェリア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、ガーナ、ケニア、ナイジェリア
・その他対応調査
ネットリサーチ、郵送調査、街頭調査、グループインタビュー、ミステリーショッパーなど
セルウェル株式会社
セルウェル株式会社セルウェル(sellwell)は、お客様と一緒に売る力を創造し、事業を成功へと導くマーケティング・エージェンシーです。
・海外調査の特徴
デスクリサーチにとどまらず現地での定性調査を重要視し、海外のマーケット実態や産業構造など海外市場調査に強みを持つ。115カ国以上で調査可能。
・対応海外エリア
<アジア>
中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン、ミャンマー、カンボジア、ラオスインド、スリランカ、ネパール、パキスタン、バングラディシュなど
<北米>
アメリカ、カナダなど
<ヨーロッパ>
イギリス、スペイン、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギー、ロシアなど
<オセアニア>
オーストラリア、ニュージーランドなど
<中南米>
メキシコ、ブラジル、コロンビア、ベネズエラ、ペルー、チリ、アルゼンチンなど
<中東>
サウジアラビア、アラブ首長国連邦、トルコなど
・その他対応調査
競合調査、流通調査、市場実態調査、海外調査など
Syno Japan株式会社グローバルの市場調査(マーケティングリサーチ)に特化したソリューションを展開
・海外調査の特徴
80カ国6000万人のパネルリストを活用することで、コストを抑えた海外アンケート調査を行うことができる。自社開発のシステムで複雑な設問設定を行えることや、海外調査専任スタッフによるワンストップのサポートが特徴。
・対応海外エリア
<アジア>
中国インド、インドネシア、フィリピン、韓国、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムなど
<北米>
アメリカ、カナダ
<ヨーロッパ>
デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イタリア、ノルウェー、ポーランド、ロシア、スペイン、スウェーデン、イギリス
<オセアニア>
オーストラリアなど
<中南米>
ブラジル、メキシコ、アルゼンチンなど
<中東>
トルコなど
<アフリカ>
南アフリカ
プルーヴ株式会社
プルーヴ株式会社プルーヴは、世界市場進出における事業戦略の策定と実行のサポートを行っている企業です。
「グローバルを身近に」をミッションとし、「現地事情」に精通したコンサルタントと「現地パートナー」との密な連携による「現地のリアルな情報」を基に、クライアント企業様の世界市場への挑戦を成功へと導きます。
・海外調査の特徴
世界市場進出パートナーとして、現地事情に精通したコンサルタントと現地パートナーによるリアルな情報をもとに戦略的な情報収集に強みを持つ。
・対応海外エリア
<アジア>
中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン、ミャンマー、カンボジア、ラオスインド、スリランカ、ネパール、パキスタン、バングラディシュなど
<北米>
アメリカ、カナダなど
<ヨーロッパ>
イギリス、スペイン、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギー、ロシアなど
<オセアニア>
オーストラリア、ニュージーランドなど
<中南米>
メキシコ、ブラジル、コロンビア、ベネズエラ、ペルー、チリ、アルゼンチンなど
<中東>
サウジアラビア、アラブ首長国連邦、トルコなど
<アフリカ>
南アフリカ、ナイジェリア、ケニア、エジプトなど
CintJapan株式会社
CintJapanは1,000社以上の異なるアンケート会員をプラットフォーム上に連携し、100カ国延べ1億人以上の消費者へアンケートをアクセスすることを可能にしたテクノロジーソリューションを保有してます。
・海外調査の特徴
サンプル購入者を世界各国の数百万人のモニターに結び付ける世界最大のサンプルエクスチェンジを運営・提供しており、調査トピックに最も適したオーディエンスに大規模アクセスができます。
・対応海外エリア
<アジア>
中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピン、インド、パキスタン、カザフスタン、ミャンマーなど<北米>
アメリカ合衆国、カナダ
<ヨーロッパ>
イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、アイルランド、オーストリア、ベルギー、オランダ、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェー、ハンガリー、スイス、チェコ、ギリシャ、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、ポーランド、ブルガリア、ルーマニア、エストニア、ラトビア、リトアニア、クロアチアなど
<オセアニア>
オーストラリア、ニュージーランドなど<中東・アフリカ>
トルコ、サウジアラビア、UAE、クウェート、カタール、イエメン、オマーン、バーレーン、ヨルダン、エジプト、モロッコ、チュニジア、南アフリカ など<南米>
メキシコ、エルサルバトル、コスタリカ、パナマ、ドミニカ、プエルトリコ、コロンビア、ベネズエラ、エクアドル、ブラジル、チリ、ペルー、アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ウルグアイなど<中東・アフリカ>
トルコ、サウジアラビア、UAE、クウェート、カタール、イエメン、オマーン、バーレーン、ヨルダン、エジプト、モロッコ、チュニジア、南アフリカ など
・その他対応調査
市場調査、認知度調査、顧客満足度調査、アンケート調査
GMOリサーチ​株式会社日本国内に加えASIA全域を対象に調査が可能な大規模パネルネットワーク「Asia Cloud Panel」を保有するインターネットリサーチ専門の調査会社。フルサポート型のカスタムリサーチからセルフ型DIYリサーチまで幅広く対応が可能となり、お客様のリサーチ課題を解決します。
・海外調査の特徴
世界53の国と地域に、延べ5305万人の消費者にリーチが可能なネットワークを保有しています。集計結果の翻訳、画面作成、アンケート配信のみ、データ納品の4つの独自サービスを展開しており、豊富な実績と高品質なモニターを備えています。多言語対応のアンケートシステムにより、地域に関係なく海外調査を行うことができます。
・対応海外エリア
<アジア・オセアニア>
中国、ベトナム、台湾、韓国、インド、タイ、フィリピン、インドネシア、香港、マレーシア、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、ミャンマー、トルコ
<北米>
アメリカ、カナダ、メキシコ
<ヨーロッパ>イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スウェーデン、オランダ、ポーランド、ベルギー、スイス、ノルウェー、デンマーク、オーストリア、フィンランド、ロシア、チェコ、ポルトガル、ギリシャ、アイルランド
<南米>ブラジル、アルゼンチン、チリ、コロンビア、ベネズエラ、ペルー、エクアドル、ウルグアイ、ボリビア、プエルトリコ
<中東>サウジアラビア、UAE
<アフリカ>南アフリカ、エジプト、モロッコ
・その他対応調査
ネットリサーチ、認知度調査、動向調査、市場調査、顧客満足度調査など
在留外国人向けWEBサービスを複数展開するGuidanleのもつデータベースからモニターを募り、調査を実施します。190カ国30,000人の登録者を有するため、多様なセグメントの調査に対応することができます。海外に住む外国人ではなく日本に住む外国人を対象とした調査であるため、サンプル回収にかかる手数料などを抑え海外向け調査を実施することができます。
・海外調査の特徴
在日外国人向けの調査専門にしています。国籍や言語だけでなく住居地や年齢も登録しているので細やかな指定にも対応可能です。アンケートフォームの作成や集計も行うことができます。
・対応海外エリア
Guidable株式会社では訪日外国人を対象としているため、対応エリア等の縛りは設けておりません。当社が保持する在留外国人向けwebサービスからモニターの登録を行っているので、相談内容に応じて可能な限り対応することが可能となります。

「どの企業に問い合わせをしたら良いか、わからない」という方へ

目的・ニーズに合致したネットリサーチ会社を、専門データベースをもとにご紹介いたします。

専門担当に相談する

【お電話でのご相談】 03-5459-6616 (受付時間10:00~19:00)


調査目的一覧へ戻る

依頼することでプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。