インターネットリサーチ会社比較インターネットリサーチ用語集 > 競合分析

競合分析とは? 調査方法の流れやメリット・デメリットを解説

競合分析とは、同業他社の企業やその業界に関し、さまざまな観点から分析する調査のことを指します。
この調査を行うことにより、市場のシェアや業界相関図がどのようになっていて、自社のサービス・商品がどのような立場にあるのかを分析し、今後どのような市場をターゲットにするかを考えることができます。

市場でより多くの顧客を獲得し生き残るためには、ライバルとなる他社のリサーチが必要不可欠です。

今回は、

  • ・競合分析の概要
  • ・競合分析の基本「3C分析」の分析項目
  • ・競合分析を行うメリット・デメリット
などについて、解説します。

競合分析の概要

競合分析とは、同じ市場・顧客層を共有する他社を様々な観点から分析することを指し、自社の顧客獲得および業績拡大のために必要不可欠な調査です。

競合分析の基本「3C分析」とは

競合分析では様々な観点から他社を分析しますが、その観点は主に以下の3つから成り立ちます。

・Customer(顧客・市場)の分析
・Competitor(競合企業)の分析
・Company(自社)の分析

これら3つの頭文字をとって「3C分析」と言い、競合分析のフレームワークとして用いられています。

「3C分析」の流れと分析項目

3C分析の基本的な流れは以下の図のとおりです。

1つ目のC Customer(顧客・市場)の分析

初めに市場や顧客の分析をします。同じ市場を共有する他社(=競合企業)を特定するためです。

市場や顧客を分析する際には、「量」「質」「変化」が重要な要素となります。

「市場や顧客の量」とは、商品やサービスの市場規模や、ニーズ全体における実際購入率を意味します。それらを分析することで、自社が介入する余地や開拓可能な範囲を明らかにすることができます。

「市場や顧客の質」とは、ターゲットの属性やニーズの詳細を意味します。
自社の顧客層を共有する他社はどこか(ターゲットの属性)、商材に対してその顧客層は機能性を求めているのかデザイン性を求めているのか(ニーズの詳細)、などを分析します。それにより、自社の優位性を高めるポイントを明確にします。

「市場や顧客の変化」とは、ターゲットの変化、市場の成長率などを意味します。市場が成長中なのか衰退中なのか、また、ターゲットの年代や収入などの変化を詳しく追うことで、自社が優位になれる市場を発掘することができます。

2つ目のC Competitor(競合)の分析

1つ目のCustomer調査で競合となる企業を特定できましたので、次は競合企業における業績やPR活動、商品、販売手法などについて詳しい分析をします。

競合を分析する際には、主に、市場における競合企業の「ポジション」「戦略と根拠」に注目して分析しましょう。

「競合企業のポジション」とは、その市場における競合企業の中でトップを走っている企業(リーダー)、それとの差別化によりトップへ躍り出ようとするナンバー2やナンバー3の企業(チャレンジャー)、専門性を駆使し独自の路線を行く企業(ニッチ)、リーダー企業を模倣する企業(フォロワー)の4つのポジションから成り立っています。

競合企業がどのポジションにいるのかを分析することで、競合企業が他社との差別化のためにどのような対策をとっているのか、顧客獲得のためにどのようなPR活動をしているかなど、戦略の全貌について見通しを立てることが出来ます。

「競合企業の戦略と根拠」、つまり、競合企業のマーケティングやオペレーションにおける戦略と、その戦略を支える根拠を分析するには、主に以下の項目に着目しましょう。

・競合企業が対象としているニーズ、そしてそのニーズに提供しているバリュー
・競合企業が採用している、マーケティングとオペレーションそれぞれにおける戦略
・競合企業が提供するバリューや戦略をささえる論理的および物理的な根拠

市場における競合企業の「ポジション」「戦略と根拠」について分析することで、競合企業の競合企業や、異なる商品・サービスで同等のバリューを提供する企業といった、間接競合を特定することが出来ます。

3つ目のC Company(自社)の分析

最後に、自社について分析します。
「敵を知り己を知れば百戦殆からず」という言葉があるように、競合だけでなく自社についても同じように分析することが大切です。自社にとって脅威となり得るものを事前に発見し対策するなど、今後の戦略のために重要なファクターとなるものを明確にすることが出来るからです。

ここでは、2つ目のCompetitorでの「ポジション」「戦略と根拠」の分析を自社にも行いましょう。

まず、市場における以下の4つのポジション(前項にて既出)のうち、自社がどのポジションに位置するかを冷静に判断します。

リーダー企業:市場のトップを走っている企業
チャレンジャー企業:リーダーとの差別化によりトップへ躍り出ようとしているナンバー2やナンバー3の企業
ニッチ企業:専門性を駆使し独自の路線を行く企業
フォロワー企業:リーダー企業を模倣する企業

次に、自社における戦略とそれを支える根拠について分析します。分析項目は以下の3つです。

① 自社の対象ニーズとそのニーズに提供しているバリュー
② 自社で現在採用しているマーケティングとオペレーションそれぞれにおける戦略
③ 自社が提供するバリューや戦略をささえる論理的および物理的な根拠

これら3つの「C」について競合と自社の分析結果を照らし合わせることで、自社の強みや弱みが明らかになり、今後の戦略に役立てることが出来ます。

専門の調査会社には、3C分析についての知識や、バリエーション豊かな分析方法を保有しています。戦略の根拠として有効な分析結果を得るためには、マーケティング調査・分析のエキスパートのスキルを活用することをおすすめします。

入力はたったの2分具体的に料金を知りたい方は一括見積り依頼!

競合分析のメリット

これまでの解説から、競合分析を行うメリットは以下の2つです。

① 業績や商材、ターゲットから、戦略やリソースまで様々な観点から競合の実態を分析できる。
② ①により、自社の戦略を立てることが出来る。

起業前にはもちろん、起業後の顧客獲得・業績拡大のためにも絶対に必要な分析です。

競合分析のデメリット

競合分析のデメリットをあげるとすれば、分析前に行う「競合調査」にも時間と手間がかかるということでしょう。
競合調査について、詳しくはこちらをご覧ください。「競合調査とは? 調査方法の流れやメリット・デメリットを解説」

また、市場は日々変化しますので、競合分析は定期的に行わなければいけません。
全体的にみて時間と手間を要するものですが、自社の発展のためには欠かせない調査・分析です。

まとめ:市場で勝ち残るために競合分析を行おう

今回の解説により、競合分析は手間や時間はかかりますが、自社の強みや弱みを様々な視点から判断するために、必要不可欠であることをお分かりいただけたと思います。

分析のクオリティによって企業の命運を分けると言っても過言ではない競合分析ですので、プロのサポートが重要となります。調査会社には、調査・分析のノウハウやスキルが充実していますので、一度複数社に見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか。

用語集一覧へ戻る

「どの企業に問い合わせをしたら良いか、わからない」という方へ

目的・ニーズに合致したネットリサーチ会社を、専門データベースをもとにご紹介いたします。

専門担当に相談する

【お電話でのご相談】 03-5459-6616 (受付時間10:00~19:00)

お電話はこちら エントリーはこちら