インターネットリサーチ会社比較インターネットリサーチ用語集 > 定性調査

インターネットリサーチ用語集

【定性調査】

英語:qualitative research

定性調査とは、数値結果を集めて行う定量調査とは異なり、
ある問題に対してそれがなぜそうであるのかという根拠や理由について調査する調査方法をさす。
定性調査には様々な方法があり、
例えば、インタビューなどの会談形式による深層心理の把握、内容分析、記号学などがある。
これらを用いることで、人の性格、言動、価値観、関心、習慣といった、変容性のある情報を詳細に調査することが可能となる。
アンケート等で得た情報を数値化して全体の傾向などを把握する定量調査とは異なり、
言語による情報がベースなので、担当者が理解しやすいという長所があるが、
逆に、発言が具体的であるあまりに、詳細な情報は把握できても、
それらの情報を一般化し、全体像を把握することが困難になる可能性がある、という欠点もある。
例えばグループインタビューで複数名から1時間近くかけて意見を集約することで、
そのモニター自身も始めは気がついていなかった潜在的な意見を拾い上げることや、
ある意見が出たときにその意見がそのモニターの週間に基づくものなのか、教育環境に基づくものなのかなど、
なぜその意見が出てきたのかを深掘って調査することができる。

用語集一覧へ戻る

「どの企業に問い合わせをしたら良いか、わからない」という方へ

目的・ニーズに合致したネットリサーチ会社を、専門データベースをもとにご紹介いたします。

専門担当に相談する

【お電話でのご相談】 03-5459-6616 (受付時間10:00~19:00)