インターネットリサーチ会社比較インターネットリサーチ用語集 > 定量調査

インターネットリサーチ用語集

【定量調査】

英語:quantitative research

定量調査とは、主にアンケートを通じて得たデータを数値化して、
いろいろな形状のグラフや図で表したものを分析する調査のことを指す。
定量調査のメリットは、数値で表しているので全体像の把握が簡単に行えるということや、
数百・数千単位でのサンプル調査を行うので、統計的な調査が可能な点にある。
この調査のアプローチとして、代表的なものには、
インターネットによる調査(ネットリサーチ ページ参照)、電話による調査などがある。
例えば国政調査や世論調査などは定量調査の典型例であり、
極力多くのパネルかつ全世代男女、均等な地域のモニターに調査を行い、数値とグラフで結果を表示する。
特にインターネット調査が普及していこうは定量調査による調査案件が非常に増えており、
それに乗じて低価格小規模で調査を行う会社が増えてきた。
また、ネット調査のサービスを提供する調査会社も増え、大量の会員を保有する企業が参入をしている。
これに対して、定性調査とは、数値を扱う定量調査とは異なり、
ある問題に対してそれがなぜそうであるのかという根拠や理由について調査することをいう。
先の例でいえば、世論調査などが内閣の支持率などを数値で表すものが定量調査となり、
1人1人の賛成反対の意見やその理由を深く聞くことが定性調査になる。

用語集一覧へ戻る

「どの企業に問い合わせをしたら良いか、わからない」という方へ

目的・ニーズに合致したネットリサーチ会社を、専門データベースをもとにご紹介いたします。

専門担当に相談する

【お電話でのご相談】 03-5459-6616 (受付時間10:00~19:00)